• 理想は等身大だったりする
  • 家は家族や友人、そこに集まる人が心地よく感じる空間であることが大切。でも時にはひとりで趣味に没頭したり、夫婦ふたりで過ごしたい時もある。そのためには空間に意味を持たせる事が大切。共有スペースとプライベート。完全に仕切るのではなく、一つの空間の中で意味のちがうゾーンをつくること。快適に暮らすためにはこの辺のバランスが必要。
  • 窓のある暮らし。何気なく『窓』を付けるのではなく、役割を持った窓があることが大切。窓際で過ごす時間はじつに心地よく、屋外の空気感を感じることができる。風を通す窓。光を入れる窓。景色を映し出す窓。東西南北、それぞれに窓のあり方を考えます。
  • たとえば…朝日が気持ちよく入ってくる窓際での朝食。冬の日差しが入り込み夜の部屋を暖める窓。雪の降る景色を感じながら暖炉の前で本を読む。春に窓を開放すれば草花の香りや、そよ風を感じることができる。毎日の暮らしの中で、窓がつくりだす感動は大きく、気持ちに変化を与えてくれるだからこそ『窓のある暮らし』にこだわります。
  • 家は暮らしはじめてから変化をつづけ、少しずつ自分スタイルにしていくもの。自分の大好きなものや素材。音や匂い。たくさんの要素があるはず。好きなものだけに囲まれた暮らしにするために、それを描いていけるだけの絶妙な余白を残しておく事。そんなイメージも考えながら家の設計をしていくことが大切。
  • また、時が経って、ライフスタイルに変化が起こったとき、順応していく空間のつくり方も重要。名前の付けられた部屋としてではなく、一つの“ゾーン”として考えておくと、将来、家族構成が変わったとしても自分らしい暮らしに合わせていくことができます。
戻る 次へ